2009年03月18日

「メイちゃん」最終回は16.6%


 17日に最終回を迎えた連続ドラマ
「メイちゃんの執事」(フジテレビ系、午後9時〜)の
平均視聴率(関東地区)が16.6%だったことが分かった。

フジテレビによると若い女性層に人気を博したという。


 「メイちゃんの執事」は、イケメン執事
(水嶋ヒロさん)の手で、平凡な女の子
(榮倉奈々さん)がお嬢様へと成長するラブコメディー。

原作は、宮城理子さんの同名マンガ
(集英社、マーガレット連載)で、
コミックスの発行部数は12月ごろは40万部だったが、
ドラマ化を機に急増し、現在は250万部になっている。

ここ数年、若い女性の間では、「メイド喫茶」ならぬ、
上品な「執事」にかしずかれてお嬢様気分が味わえる
「執事喫茶」が女性の人気を集めている。


yahooトピックス引用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。